キッチンにこだわりを持つ

同じ物や使っていない物を処分

不要な物を処分と考えた時、まず確認して欲しいのが調理器具の重複です。オシャレだと思って購入したのは良いが、自宅に似た様なものがあった。または紛失したと思って購入するも、結局見つかって重複している。そんな方はありませんか?
重複している調理器具は、全く必要ありませんので複数ある場合は1つに絞っていきましょう。もしどうしても捨てられない場合は、複数所持していても構いませんが「使い切ったら処分する。」と前持って目標を決めると良いですね。
調理器具の中には定番という物がありますが、それも処分の対象にすると整頓がはかどります。
一例としては菜箸やフライ返しを使っていない場合、思い切って処分するとスッキリしたキッチンに近づきます。

選ぶ基準は何?

処分するか否か、その判断基準は使いやすさ、または手入れしやすさです。
どんなに便利な調理器具でも、使い勝手が悪かったり手入れがしにくかったりすると自然と使う頻度が落ちます。それなら思い切って処分してしまっても問題はありません。
処分した当初は「捨てない方がよかったかも。」と思う事もあるでしょう。しかし実際に調理をしている内に使っていない事を忘れてしまうケースもあります。
「オシャレな調理器具を残したい。」と思う方は、残しても問題はありませんがどの程度の残すのはあらかじめ自分の中にルールを作り、その数に達した時に処分するという方法を取っていきましょう。
これだけ守るだけでも、かなりの数の処分品が出てきます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る